facebook 新卒採用
 
facebook 新卒採用
 
facebook 新卒採用
 
 
店舗の管理・運営を行う飲食部の中でも、サービス担当および店長は実際に店舗での接客・サービスを行う職種。全国12店舗で展開しているすき焼、しゃぶしゃぶ、炭火焼レストランなどの店舗で日々多くの社員が活躍している。また、新入社員、パートやアルバイターなどへの指導や管理を行うことも重要な役割である。
人形町今半では、接客を行うサービス担当になる前に必ず調理場での研修を受けることになっています。自分たちが提供することになる料理が、どのように調理されているのか、そして、どのような手順で調理場が回っているのかを知ることは、接客を行う際にも必ず役に立つからです。ありがたいことにお客様は、人形町今半に特別な期待感を持ってご来店してくださいます。料理の味・質はもちろんのこと、接客に対しても。言いかえればご要望のレベルも非常に高いものであるということです。お料理の説明一つにしても、接客を担当したものが調理人と同じように詳細にお話させていただくことが大切です。また、接客の一つ一つにも細心の注意が求められます。お客様の御履き物は、自分の物をしまうよりも丁寧に、丁寧にお収めする。お客様のお食事のスピードを乱すことなく、また待たせることなくお料理をご提供する。私たちの接客には決められたマニュアルがありません。お客様は一人として同じではありません。ですから、マニュアルではなく、一人一人のご要望に丁寧にお応えしていく。そして「やっぱり人形町今半に来てよかった」と感動していただける接客を目指しています。
現在私は、羽田空港に新しくできた国際線ターミナルの中にある「たか福」という店舗の店長をしています。この店舗は、これまでの人形町今半にはない新業態で展開しています。空港と言う場所柄、お客様は通常のすき焼を召し上がっていただくように、ゆっくりとおくつろぎいただけるお時間がないことがほとんどです。そのため、「ふわとろ牛玉丼」などすき焼以外のメニューを充実させたり、短時間でも最高の満足度を味わっていただける工夫を凝らしています。店舗の立ち上げにあたっては、スタッフの採用・教育、メニューの作成、日々の売上予測など、すべて私が行いました。ありがたいことに、空港自体の話題性もありOPENから現在まで、大変な繁盛店として営業をさせていただいております。しかし、繁盛はしていてもまだまだ課題は山積みです。忙しい中でも一人一人のお客様に最高のご満足をご提供するためのスタッフ教育の強化、そして、自分がいなくてもお店が回るような仕組みづくり、人作りなど。私が目指す最高の状態は、店長である自分がいなくても常に最高のサービスをご提供できる店舗になること。お店も1年目、店長も1年目。まだまだ磨いていくことばかりです。
自分で課題を見つけられる人は、すぐ成長できる人だと思います。例え1社ダメだったからと落ち込まず、課題を見つけ着実に成長していけば必ずよい結果が出ますよ。大切なのは課題を受け止める素直さだと思います。