人形町今半

MENU

お子様のお祝い

お食い初め(百日祝い)について

◎「お食い初め」の由来と歴史

「お食(く)い初(ぞ)め」の起源は平安時代からで、元々は生誕50日にあたる日に重湯のなかに五日(いか)の餅と呼ばれる餅を入れ、箸で餅を少し子どもの口に含ませる五十日祝いとして行われていました。
子どもが「一生、食べ物に困らないように」健やかな成長を願う日本の伝統的な儀式です。

百日祝い
「真魚(まな)始め」、「食べ初め」や初めて箸を使うから「箸揃え」「箸初め」と呼ばれるほか、祝う時期が生後100日前後から「百日(ももか)の祝い」、「歯がため」と呼ぶ地域もあります。

お母さんのお乳以外の食べ物を口に含ませ、食べる真似をする離乳食への切り替えのための祝いの儀式です。

◎ 「お食い初め」のお祝いの仕方

男の子用のお膳

女の子用のお膳

父親、母親双方の両親を招き、赤ちゃんのためのお祝い膳を用意し、家族そろってお祝いします。料理屋さんやホテルでもお祝いができるところも増えています。
伝統的な形の“一汁三菜”の「祝い膳」が用意され、正式な食器は漆器で高足のお膳にしつらえ、男の子は内外朱塗りで女の子は外が黒塗り、内側が朱塗りの漆器が使われ、柳箸と呼ばれる柳の白木の祝箸が添えられます。

誕生から100日から120日目にお祝いをしますが、長寿にあやかれるという意味で、祖父母や親戚の中の長寿の人が箸を取り、食べさせる真似をします。男の子なら男性、女の子なら女性が行うとされていますが、特にこだわる必要はありません。

◎ 「お食い初め」のお膳と献立
【お膳の献立】

○鯛などの尾頭(おかしら)つきの魚

めでたい(鯛)や衣は魔除け、紅白の色合わせで縁起物が選ばれます。

○赤飯

赤は古くから魔除けや厄払いの力があり、成長を守る色とされています。

○蛤などの吸い物

良い伴侶に巡り合えるや吸う力が強くなるの意から用意されます。

○野菜の煮物

先を見通す「蓮根」、子沢山に恵まれる「里芋」、まっすぐスクスク育つと「筍」などの野菜の煮物が添えられます。

○酢の物や香の物

紅白のなますで“めでたい”、タコの酢の物で“多幸”という語呂合わせです。

その他に梅干しは、しわしわになるまで長生きするや紅白のお餅で長持ちするなど縁起物でお祝いをします。また歯がための石なども用意されます。

◎ お祝いの贈り方

正式には母親の実家が漆器の祝い膳一式を贈ります。
膳には男の子には父方の紋、女の子には母方の実家の紋を入れます。

祝膳には、お椀は漆器や素焼き、木製などのものを使いますが、食器セットのレンタルや通販で買えるものも用意されていますので、家族で相談して決めるのも新生活の在り方かもしれません。

初節句について

◎「初節句」の由来と歴史

誕生後、赤ちゃんの無事な成長と厄除けを願って初めての節句にお祝いをするようになったのは、女の子は3月3日の「上巳(じょうし)の節句」で、平安時代から始まり江戸時代には祝日とされ町民も参加するようになりました。
「上巳の節句」は、脱皮をして生まれ変わるヘビ(巳)にちなんで、心身を洗い清めるという意味の行事です。

男の子は鎌倉時代から5月5日の「端午の節句」を初節句とし、江戸時代には祝日となり、現在では「子どもの日」となっています。

◎女の子の「初節句」(桃の節句)

3月3日の女の子の初節句を「桃の節句」と呼びます。古代中国では、桃は邪気を祓って健康を保つといわれたことから「桃の節句」の名がつきました。
紙や土で作った人形の体をなでて、けがれを人形に移し、それを川や海に流して邪気を祓った風習で、雛人形の形が整えられたのは1400年前の聖徳太子の時代からで平安時代には装飾的な装いになり、室町時代には女の子の祝い事として貴族の間で女の子の成長と良縁を願って雛人形を飾るようになりました。

◎男の子の「初節句」(五月の節句)

5月5日の男の子の節句「端午の節句」は、「五月の節句」とも呼ばれます。
男の子の健やかな成長を祝い、鯉のぼりを揚げ、鎧兜や武者人形といった五月人形を飾り菖蒲湯に浸かって、柏餅やちまきを食べて祝います。
「端午」とは5月のはじめの午(うま)の日を指していましたが「午」と「五」の音が同じなので、5月5日が「端午の節句」となり、奈良時代以降に定着しました。
男の子の成長を祝うようになったのは、江戸時代以降で、厄よけに使用する「菖蒲」と「尚武」(武道・武勇を重んじること)にかけ、武家の間で「尚武の節句」として盛んになりました。

◎お祝いの仕方

「初節句」のお祝いは、

  • 女の子の節句のお祝いでは 雛人形は母方の祖父母が贈る。
  • 男の子の節句のお祝いでは、 鎧兜、武者人形は父方の祖父母が贈る。 地方によっては、鯉のぼりは父方からで、五月人形は母方から贈るところもあります。

現代では、両家で贈ったり、親と祖父母たちが相談しあってお祝いすることも多くなっています。

◎「初節句」のお祝いの食事
【縁起物のお料理】

子どもの健やかな成長と厄除けの意味があり、縁起物の食材が使われています。

○蛤(はまぐり)のお吸い物

蛤は一つの殻がピッタリ合うことと、相性のいい良縁を願って使われます。

○ひなあられ

釜に残った米粒まで残さないように使う「倹約」を意味します。

○ちらし寿し

長寿を願うエビ、将来の見通しが良くなるようにと蓮根、マメに働くようにと緑の豆など縁起物の食材が使われます。
彩りとして魔除けの赤、清浄の白、健康の緑を使った食材を散りばめています。

○祝い膳

男の子の祝い膳では、出世魚のすずきや勝男になぞらえて鰹をお祝いの膳に出すこともあります。

◎お返しのマナー

「節句」は元来“特定の日に神様と人が食を共にする”という「節供」から来ています。
そのため、昔は親戚や親しい人を招いて盛大に行う食事会でした。

「初節句」のお祝いの膳を用意して食事会などのお披露目会を催す場合は、その場に招待することがお返しとなります。帰りに手土産程度の心ばかりのお礼の品を渡す方もあります。食事会に参加できない方には、いただいたお祝いやお祝い金の三分の一から半額程度がマナーです。
一般的には、菓子折りや日用品セットに加え「柏餅」や「ひなあられ」などをプラスしてお礼状を添えてお返しします。
今では便利なカタログギフトなどもあります。

七五三について

◎「七五三」の由来と歴史

「七五三」の起源は、平安時代ころと言われています。子どもの無事な成長過程を神前で報告、感謝、祈願を行い地域社会の一員になることを認めてもらう、“奉告祭”です。
現在のような「七五三」のお祝いの形は、江戸時代の中期に広まったといわれていますが生涯に一度の心に残る記念日です。

3歳のお祝いは
「髪置(かみとき)の儀」

江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀式です。

5歳のお祝いは「袴(はかま)儀」
男の子が袴を着用し始める儀式

7歳のお祝いは
「帯解(おびとき)の儀」

女の子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀式。

◎「七五三」の祝い方

11月15日に神社にお参りします。
子供の成長に合わせてお祝いをしますので、3歳では、女の子、男の子もお祝いをし、5歳は、男の子だけのお祝いです。
7歳は女の子だけのお祝いとなります。
家族そろって記念写真を撮り、食事会でお祝いをします。両家の祖父母も加わってにぎやかに子供の成長過程を祝う通過儀礼です。

忙しい現代では、10月中旬から11月15日前後の都合の良い日に一家で神社にお参りするのが一般的です。

◎「七五三」のお参りと準備-1

「七五三」のお参りは、子どもの無事な成長過程を神前で報告、感謝、祈願するお祝いですので、近所の神社などに事前に祈願の予約をしてお参りをすることが良いでしょう。また、お参りが済むと家族で記念写真を撮るために写真館に予約したり、食事会の場所を予約したりと前もって準備をすることも大切です。

「七五三」は生涯に一度の心に残る記念日ですので食事会も思い出に残る場所・メニューを選び、家族の大切な日として楽しみましょう。

「七五三」の着物・服装
一家の成長を尊ぶ記念の装いの演出

「七五三」の贈り物とお返し
一生に一度の通過儀礼の祝いの礼

◎「七五三」のお参りと準備-2

食事会の準備
「七五三」の晴れの日の祝いは、衣装からお参り、写真撮影と一日がかりの記念行事です。お祝いの食事は、両家の祖父母をまじえて楽しく食事のできるお店を選びましょう。

「七五三」の着物・服装―
「七五三」のお祝いは、子供の成長に合わせて生涯に一度の装いですので、現代では“着物レンタル”を活用したり、友達の衣装を借りたりしています。

【着物レンタルの活用】

お参りする際の服装として“着物レンタル”を活用することもできます。

○和服・洋服など、好みの衣装が選べます。

○流行の衣装やブランド衣装も選べます。

○着替えは何着でも選べます。

○着付けやヘアメイクもできます。

○大人の着付け、ヘアメイクもできます。

○アクセサリーなども揃えられます。

こうしたレンタル・システムをネットで見たり、予約したりすることができます。
子どもの成長過程を晴れの装いで一家の記録として残すためにも現代では、レンタル・システムを活用するのも新生活の知恵かも知れません。

◎「七五三」の贈り物とお返し

「七五三」のお祝いは、内輪のお祝いの場合、晴れ着の購入代や写真撮影費などをお祝い金としてお金を贈ることも多くなっています。 お金を贈る場合、祖父母は1万円から数万円が相場の様です。

お祝い返しのマナーでは、頂いて1週間から2週間以内が目安です。
基本的にお返しは不要ですが、定番は「千歳飴」やお赤飯、菓子折りです。また、頂いたお金の3割から半額程度をお返ししますが、負担を感じない範囲で行うことです。
品物を贈る場合は紅白の水引で表書きは「内祝い」、下段は子どもの名前を書きます。

祖父母にとって一番嬉しいのは、子どもと一緒に食事の場をもうけることです。

目的から探す一覧を見る

飲食店を現在地(GPS)から探す

飲食店をエリアから探す

pagetop