人形町今半

MENU

法要と法事

法要と法事の知識についてきちんとした知っておきましょう。

法要と法事の違い

法要と法事の違いは、法要は僧侶にお経をあげてもらい、故人の冥福を祈るためすることでその後会食をするまでを法事と呼びます。
宗派の違いはありますが、法要は故人が亡くなって極楽浄土に往生するために必要な儀式で仏教では人が亡くなった日から数えて、7日目を、初七日(しょなのか)と言い7日ごとの忌日を7回行います。7回目の七七日(なななのか)、四十九日は「満中陰」とも言われ、特に重要で人は死んでから49日後に家を離れ、生まれ変わると考えられています。この日が忌明け(いみあけ)となり喪に服していた遺族は日常生活に戻ります。

百か日について

百か日は卒哭忌(そっこくき)と言われ「哭」は、大声をあげて泣くことを現わし、「卒」は、終わるという意味を表します。故人を想い嘆き悲しんでいた人たちもやっとこの頃には泣くことをやめることから卒哭忌(そっこくき)と言われます。

回忌について

百か日までの法要は「忌日法要」と言い、その後は年忌法要となり、故人が亡くなった同じ月日の命日に法要を行います。一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、五十回忌と続き三十三回忌、もしくは五十回忌で故人は菩薩の道に入り、ご先祖様(守り神)になるといわれています。

法事での食事

四十九日、百か日、一周忌は家族や親戚だけでなく特に親しかった人達と故人を偲び、会食します。
今では中々、親戚が集まることも少なくなってきましたが法要を通して故人を偲びながら会話とお食事をすることは極楽浄土の故人もきっと喜んでくれるのではないかと思います。
ご先祖様(守り神)になるといわれている三十三回忌や五十回忌の法要を行ってもらえる故人は稀です。故人を偲び法事で守り神になれることをお祝いしたいものです。

目的から探す一覧を見る

飲食店を現在地(GPS)から探す

飲食店をエリアから探す

pagetop